しあわせの隠れ場所

しあわせの隠れ場所
2009年 NFLの花形ルーキー、マイケル・オアー選手の半生を描いた、最高の実話
夫と娘、息子の4人で幸せに暮らす裕福な白人家庭の夫人リー・アン。
彼女はある凍てつくような真冬の夜、ひとり寂しくTシャツと短パンで歩いている巨漢の黒人少年に目を止め、声をかける。
そして、マイケルと名乗るその少年を放っておけなくなり、ひとまず自宅へ彼を招き入れることに。
マイケルは父親の顔も知らずに育ち、母親とは引き離され、住む場所や学校も転々とする劣悪な境遇に置かれていた。
そんな彼に、はじめは憐れみだけを感じていたリー・アン。
しかし、マイケルの瞳の中に輝きを見つけた彼女は後見人になると決心、自分の部屋と教育の場を与え、改めて家族の一員としてマイケルを迎え入れるのだった。
またリー・アンはある時、大柄でありながら敏捷な肉体と仲間を危険から守る保護本能に秀でた心を持つマイケルにアメリカン・フットボールの才能を見出す。

この映画はめちゃくちゃよかった。
予告を見てみたくなったんやけど予告だけで泣きそう。

しかし受け入れる家族がいい人たち過ぎてびっくりする。
サンドラ・ブロックが演じてるのもよかったのかも。
賞とってたしね。
(まぁ、それからサンドラはプライベートでは色々あって大変みたいやけど…。)
言い方はきついけど優しいママで
全てを受け入れる優しいパパで
娘も思春期なのに反対もせずマイケルになつき
息子はマイケルと親友。
あったかすぎる家庭。
どうやったらこんな家庭がもてるんやろぅ…。
この映画見てたら
本当に育った環境ってめちゃくちゃ大事なんやなぁ。
とつくづく思う。
あと、育て方も。
ママが怒鳴るだけのコーチに「あの子に怒鳴っても無駄。(以下省略)」と言い放ち
マイケルにわかるようにアメフトのやり方を説明し
そのおかげでメキメキとマイケルが上達していった。
教え方とか育て方とかやっぱり大事なんやなぁ…。
教える人によって伸び方って全然ちがうんやなぁ…。
人とのかかわり方ってすごい大事なんやなぁ。
って
心の底から思った。
この映画はおススメです。
スポーツ全然わかんないけどちゃんとみれました。(*´∪`*a゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です