ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ
身動きできないほど太ってしまった過食症の母、18歳で知的障害をもつ弟アーニーと、2人の姉妹。田舎町アイオワ州エンドゥーラで、亡き父の代わりに一家を支え、希望や夢を抱く暇さえない日々を過ごすギルバート。だが、自由で快活な旅人ベッキーとの出会いが、彼の心に少しずつ変化もたらした。
大切な絆だが、ときに束縛にもなる「家族愛」を切り口に、ギルバートの青春の一片をみずみずしく描いた感動作である。

久々に映画の更新
だいぶ前に見たのでやや忘れ気味ですが
チャットのお客さんにオススメされて
みてみました。
とにかくジョニー・デップがかっこよかった。
今までそれほど「カッコいい。」と思った事はなかったけど
素朴な青年役なのに
めちゃくちゃ色気があるというかなんというか…。
やはり大物って感じ。(笑)
この映画はディカプリオもでていて
知的障害者役ということもあり
結構その事で評価されているらしいのですが
子役で海外ドラマに出ているときを知っているので
私的には、あまりそれほど驚きもなかったのですが
結構、評価されているようです。
私は家族に知的障害者がいるので
ディカプリオの演技が特に素晴らしい。
とは思わなかったのですが(だからといって下手でもないですよ。)
「タイタニック」とかから入った「レオ様ファン」が見たら衝撃的で絶賛するかもしれません。
最近のレオ様は貫禄が出てきて
なんとも素晴らしい感じですが。(笑)
映画の内容的には
もう何とも言えん感じでみていて辛くなるのですが
母親が亡くなった時、身体がおおき過ぎでクレーンでしか運べない。
ということで
このままじゃ、街のさらし者になる。
と思った兄妹たちが
なくなった母親を残したままお家に火を放つという内容。
私もこの映画とは違うけど
かなり家族には恵まれていないし
ジョニー・デップの気持ちに感情移入したというか
だいぶ前に見たのではっきりした台詞を覚えてはないけど
ジョニー・デッブが「逃げられない。」的な言葉をつぶやいた時に
「すごくわかる。」と涙した。
きっと幸せな人が見たら
レオ様の演技は素晴らしい。かわいそうなお話。
と号泣できると思う。
私は人ごとではない気がして
辛くてたまらんかった。(笑)
でも、本当に
この時のジョニー・デップはかっこいいよ!!
ジョニー・デップは特殊メイクの役柄が多いから
素顔を見慣れてないせいもあるからかもしれないけど。
とにかく素朴な格好なのに
カッコいい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です