隠された日記~母たち、娘たち~

隠された日記~母たち、娘たち~
カナダで働くオドレイは、フランスのアルカションに帰省する。
カナダでは第一線で働いてキャリアを積み、恋も自由に楽しんでいた。しかし、恋人ではないトムの子供を妊娠してしまう。オドレイは妊娠していることを打ち明けず、祖父の家に滞在することにする。ある日、オドレイは祖父の家のキッチンで、1冊の古い日記を見つける。それは、50年前、突然姿を消した祖母ルイーズが書いたものだった。そこには家族のために作った料理のレシピとともに、子供たちへの深い愛と、ルイーズの秘めた想いが書かれていた。

これはなんとなく「面白いかなぁ。」と思ってみて見たんやけど
みはじめてすぐ「面白くないかも・・・。」と思ってしまった。(笑)
惰性でみてたんやけど
最後の結末が「え!」っと驚かせてくれたのである意味面白かった。(笑)
でも、特にお勧めはしないけど…。
出てくる女性がみんな自分勝手で…。
なんともいえなくなります…。
日本人には理解しがたい気がする…。
ただ、景色がきれいで
祖母のきいてる洋服がとってもお洒落でそこだけはかなり評価する。(笑)
もしかしたら、すごい田舎で暮らしてきて
働きたいけど古風な家庭のため外では働けず
仕方なく専業主婦している人とかにはぐっと来るかもしれない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です