愛を読むひと

愛を読むひと
第二次世界大戦後のドイツ。15歳のミヒャエルは、21歳も年上の女性ハンナと知り合う。毎日のように彼女のアパートに通い、いつしか彼女と男女の関係になる。
ハンナはミヒャエルが本を沢山読む子だと知り、本の朗読を頼むようになる。
彼はハンナのために『オデュッセイア』『犬を連れた奥さん』『ハックルベリー・フィンの冒険』『タンタンの冒険旅行』といった作品を朗読した。
だがある日、ハンナは働いていた市鉄での働きぶりを評価され、事務職への昇進を言い渡される。 そしてその日を機に、ハンナはミヒャエルの前から姿を消してしまうのだった。
理由がわからずにハンナに捨てられて長い時間が経つ。 ミヒャエルはハイデルベルク大学の法科習生としてナチスの戦犯の裁判を傍聴する。そしてその被告席の一つにハンナの姿を見つけるのだった。

前半「セックス映画か!!」と思わず突っ込みたくなった。
無修正版を見たので
おっぱいやら下半身やら見えてしまった…。
中盤からまともな映画っぽくなってきたんやけど
内容がないようやし
歴史をよく知らないのでいまいち入り込めなかった…。
字が読めないことを恥ずかしいと思って
「字が読めなかった」といえば減刑されたのに
それを言わず刑を受け入れたところは
少し心が動いたけど
裁判の時に淡々と答える姿がなんともいえんくらい
気分が悪かった…。
この映画はきっともっとふかいんやろうけど
歴史をあまり知らない私には難しかった。
無知かなしぃ。
シンドラーのリストと戦場のピアニストで
少しナチのことは知ったくらいの知識しかないので…。
全部、映画での知識…。
学校でそんなに深くこういう内容ならわんしな…。
本読めってことやね。

バイオレンス・レイク

バイオレンス・レイク
週末のキャンプに出かけた恋人同士のジェニーとスティーヴ。“エデン”という名の美しい湖は、2人にとってまさに理想の楽園だった。しかし、大音量でラジカセを鳴らし、傍若無人に振舞うティーンの集団をスティーヴが注意したことから楽園は地獄と化す。最初は軽い悪戯から嫌がらせはやがて暴力に変わり、対立は対決へとエスカレートしていく…。

コレはもう酷い…。
この映画見てから気分が悪くなったし
人を殺すようなへんな夢を見た…。
どうしようもない映画。
見てたらコンクリート詰め殺人事件思い出した。
誰も救われないし
最悪の結末…。

最高の人生

最高の人生
約22年の服役を終え、出所した中年男が、初老の牧師との出会いをきっかけに再生していく姿を描き出す。

少し前に見たのですが
うーーーーん…。
って感じかな?
殺人で服役してた人が出所して
自分の身元を隠して
殺してしまった人のお姉さんに会い
一夜をともにしたりとかするんやけど
微妙…。
モーガン・フリーマンとキルスティン・ダンストが出てたからみたんやけどね。
微妙…。

ラブダイアリーズ

ラブダイアリーズ
離婚する妻との馴れ初めを娘に聞かれた父親が3人の女性との物語を語り、誰が母親だったかを推理させる親子のハートフルなやりとりを描いたロマンティック・コメディ。

この映画の娘役の子が「どっかで見た事ある。」って気になって仕方なかった…。
調べたら「私の中のあなた」に出てた子やった。
すっきりした。
自分の娘に
以前の恋愛話をするんやけど
「そんなこと子供に話してもいいの? 」と言うような内容もでてきてびっくりする。
ママが昔、女の人と…。
みたいな内容。
つつみかくさなすぎ!
めちゃくちゃ面白いわけじゃないけど
見ながらママは誰だろう?
と考えながら見れるので面白いです。
ちなみに私の予想ははずれたけど…。

ウエディング宣言

ウエディング宣言
息子の結婚を阻止しようと相手の婚約者と壮絶な嫁姑バトルを繰り広げるさまをコミカルに描くロマンティックコメディ。

ウエディング宣言
見た事あったのに忘れてて借りてしまった。
でも、めちゃくちゃ面白かった。
ジェニファー・ロペス
「太ってる太ってる」って言われてたけど
全然太ってないし…。
可愛かった。
映画なので
嫁(予定)と姑(予定)がバトルしてるのは笑えたけど
実際ならわらえんやろうな。
旦那さん(予定)が鈍すぎて、鈍すぎて…。
私は嫁姑問題は関係が無いので
ニヤニヤ笑いながら見れた。
実際、嫁姑戦争をおこなっているお家ではみれんだろうな…。

旦那様方
奥様は大変なのです。(逆もしかり)