しあわせの隠れ場所

しあわせの隠れ場所
2009年 NFLの花形ルーキー、マイケル・オアー選手の半生を描いた、最高の実話
夫と娘、息子の4人で幸せに暮らす裕福な白人家庭の夫人リー・アン。
彼女はある凍てつくような真冬の夜、ひとり寂しくTシャツと短パンで歩いている巨漢の黒人少年に目を止め、声をかける。
そして、マイケルと名乗るその少年を放っておけなくなり、ひとまず自宅へ彼を招き入れることに。
マイケルは父親の顔も知らずに育ち、母親とは引き離され、住む場所や学校も転々とする劣悪な境遇に置かれていた。
そんな彼に、はじめは憐れみだけを感じていたリー・アン。
しかし、マイケルの瞳の中に輝きを見つけた彼女は後見人になると決心、自分の部屋と教育の場を与え、改めて家族の一員としてマイケルを迎え入れるのだった。
またリー・アンはある時、大柄でありながら敏捷な肉体と仲間を危険から守る保護本能に秀でた心を持つマイケルにアメリカン・フットボールの才能を見出す。

この映画はめちゃくちゃよかった。
予告を見てみたくなったんやけど予告だけで泣きそう。

しかし受け入れる家族がいい人たち過ぎてびっくりする。
サンドラ・ブロックが演じてるのもよかったのかも。
賞とってたしね。
(まぁ、それからサンドラはプライベートでは色々あって大変みたいやけど…。)
言い方はきついけど優しいママで
全てを受け入れる優しいパパで
娘も思春期なのに反対もせずマイケルになつき
息子はマイケルと親友。
あったかすぎる家庭。
どうやったらこんな家庭がもてるんやろぅ…。
この映画見てたら
本当に育った環境ってめちゃくちゃ大事なんやなぁ。
とつくづく思う。
あと、育て方も。
ママが怒鳴るだけのコーチに「あの子に怒鳴っても無駄。(以下省略)」と言い放ち
マイケルにわかるようにアメフトのやり方を説明し
そのおかげでメキメキとマイケルが上達していった。
教え方とか育て方とかやっぱり大事なんやなぁ…。
教える人によって伸び方って全然ちがうんやなぁ…。
人とのかかわり方ってすごい大事なんやなぁ。
って
心の底から思った。
この映画はおススメです。
スポーツ全然わかんないけどちゃんとみれました。(*´∪`*a゙

パイレーツ・ロック

パイレーツ・ロック
1966年、イギリス。皆が聴きたいのはポピュラー・ミュージック。でも、BBCラジオが流すのは1日45分だけ。そんな中、海の上から24時間ロックをかけるゴキゲンな海賊ラジオ局が現れた! 舞台はそんな海賊ラジオ局の船の上。高校を退学になった18歳の若者カールが、更生を望む母親の差し金でこの船に送り込まれる。ところが、そこは型破りな8人のDJたちと乗組員たちが大好きなレコードに囲まれ、自由を謳歌する楽園だった。

そんなに期待してなかったけど
面白かった!!!!
そんなにめちゃくちゃいい映画とは思わなかったけど
なんでか鳥肌立ったし、泣いた!!!

60年代の服ってカッコイイし可愛い。
60年代にティーンでいたかった。
かなりおススメ。
面白いけど
ドラッグとか女遊びが出てくるので
子供と一緒には見ないでね。

シャッター リフレクション

シャッター リフレクション
とある邸宅で偶然見つけた他人のホームビデオ。そこには、夫が妻を殺害する衝撃的な光景が。恐怖に怯えるヒロインの前に、突如ビデオの男が現れて…。逃げ場のない密室で、見知らぬ男に追い詰められていくヒロインの恐怖を描いたスリラー。

これがブリタニー・マーフィの最後の出演の映画。
この映画の後にブリタニー・マーフィがお風呂場でなくなったんやけど
映画の内容とブリタニー・マーフィの死が若干かぶってるような気がして仕方なかった。
映画の内容は
これ、結局幽霊とかじゃなくて幻覚で統合失調症の話?
見たいな感じでめちゃくちゃもやもやした。
この映画が最後の作品になってしまったブリタニー・マーフィがなんだかかわいそうに思えた。
ほんとうに亡くなってしまって悲しい。

エディ・マーフィの劇的1週間

エディ・マーフィの劇的1週間
金融企業のエリート社員エヴァンは、7歳のひとり娘オリビアよりも仕事に精一杯の毎日。だが、ライバルの出現でキャリア失墜の危機に陥ってしまう。そんな時、オリビアの空想上の“友達”のおかげで重役の信頼を回復したエヴァンは、“友達”を利用して出世を目指すが……。

面白かった。
エディ・マーフィいい!!!
私も「もうふちゃん」ほしぃ。
吹き替えで見たけど
声が「やまちゃん」じゃなかったのが残念やけど
面白かった。
コメディ好き。

スペル

スペル
きっかけは老婆へのほんの小さな不親切、逆怨みで言い渡されたある「呪文(スペル)」が“無辜の銀行員の平穏な日常”を跡形もなく変えていく。何故?どうしたら?映画史にその名を刻むであろう「怪婆」の理不尽な脅威に怯えながら、主人公と辿る「恐怖の3日間」。タイムリミットの72時間で、あなたはその「言葉(スペル)」の呪いを解いて生き残ることができるか?

なんとも理不尽なのろわれ方…。
お門違いもいいところ…。
CGもちゃっちいし口から血を吐き出したり
なんちゅう映画…。
って感じなのですが
でも、見ているとどんどん見入ってしまう。
まぁまぁ、面白かった。
でも、こんなことでのろわれたら最悪すぎる…。

ザ・クリーナー 消された殺人

ザ・クリーナー 消された殺人
元警官のトムの職業は、犯罪や事故現場の血痕などを取り除く特殊な清掃請負業。
ある日、いつものように大邸宅の殺人現場の痕跡を完璧に除去するが、その清掃の依頼主は、なんと架空の人物だった。
そして、邸宅の主・名士のジョン・ノーカットが行方不明と報道される。
市警察汚職収賄事件を巡る陰謀の影がちらつくなか、ついにはトム自身が殺人の容疑をかけられる。
真相を探る彼の前に暗い口を開けるのは、自らの警官時代の消し去れぬ過去‥。
誰が殺したのか?
そして、誰がトムをはめたのか?

うん。
普通に面白かった。
だいぶ前に見たので
詳しい内容忘れたけど
死んだ人の後始末系の映画を立て続けに見ている気がする…。

ICHI

ICHI
三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は、一風変わった浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。やがて二人は、若き2代目・虎次(窪塚洋介)率いる白河組と、万鬼(中村獅童)を首領とする万鬼党の争いに巻き込まれ……。

綾瀬はるかと大沢たかおが見たくて見た。
「仁」みたい。
「仁」の大沢たかおのほうがカッコいいけど。
何気に豪華メンバー。
綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、杉本哲太、横山めぐみ…。
中村獅童より竹内力のほうがボスっぽい。
綾瀬はるかが可愛かったからオールオッケー!

母なる証明

母なる証明
体に思考力の成長がついてゆかない息子・トジュンを、母親はつねに心配していた。トジュンには悪友・ジンテがおり、トジュンが轢かれかけた議員のベンツに復讐した際、協力したジンテからバックミラーを破損させた責任を転嫁されたことから、母親は彼との絶交をトジュンに勧めるほどであった。そんなある日、トジュンはナンパしようとした少女に逃げられた。そして次の日少女は死体となって発見され、トジュンは殺人容疑で逮捕された。息子が殺人など犯す筈がないと信ずる母は、警察や弁護士に追いすがるが、その努力も無駄と知り、自らの手で事件を解決しようと奔走する。

これは最高に後味の悪いお話だった…。
見るんじゃなかった…。

この予告をみて
「すごいいい話しっぽい。」
ウォン・ビンの復帰作!!
と思ってみたけどもう最高に後味が悪い。(あくまでも個人的に)
ウォン・ビン演じる息子役が
少し知能が遅れている子というのでもうだめ。(私も家族にいるので)
きっと、すごい面白い!!
と思う人もかなりいるかもしれないが
家族に知的障害者がいるので
この映画をみて
「やっぱり知能の遅れているやつは犯罪を犯すんだ!!」と思われそうで怖すぎる。
それぐらいこの映画は影響力がありそうで怖い。
逆に言えば人を引きつける面白い作品なのだとは思う。
身内に知的障害者がいなければ。
見たい人のために
最初に結末は書かなかったけど
以下ネタばれ。
この映画を見たいと思った人は
読まないでね。
ウォン・ビン演じる(トジュン)が殺人容疑で逮捕されてしまう。
「虫も殺せないような子」と信じる母親は
誰も助けてはくれないので自分一人で犯人探しをはじめるが
最終的に殺人を犯したのは息子だと知る。
母親は「バカにされたらやり返せ。」「殴られたら殴り返せ。」と育てていた。
ある夜、酔っぱらったトジュンは少女を見つける。
あとをつけていくと少女に石を投げられた。
そしてトジュンは石を投げ返した。
その石が少女に当たり死んでしまう。
病院に連れて行かなくちゃ。
と思うもののどうしたらいいかわからず
みんなに見つけてもらえるように
屋上に死体を放置した。
しかし、それを一部始終見ていた
ホームレス?(くず鉄集め)の男性がいた。
トジュンは自分が殺した事を覚えておらず
男性がいたことのみ思い出し
母親に男性がいたと告げる。
真犯人はその男性だと思った母親は男性に会いにいくが
トジュンが殺した事実を男性が話した所
いかり狂って
男性を殺害し、火を放って逃げた…。
事実を知って絶望する母親の元に
刑事が現れる。
そして「少女殺害の真犯人がつかまった。」という。
その新犯人は
またもや知能の遅れている人だった。
母親はその真犯人にあいにいき
「親はいるの?」と聞き「いない」と聞くと泣き叫ぶ…。
本当はトジュンが犯人なのに
親のいない知能の遅れている子を真犯人にしたてあげてしまう事に泣き叫ぶ母親。
母親は本当の事は誰にも言わず
トジュンは釈放された。
細かく書くときりがないので
簡単にまとめるとこんな感じ。
本当によく作られていて
トジュンの奇妙さとかが現れていて
きっとすごく面白い作品なんだと思う。
でも、私は個人的にダメだった…。
しかし、ウォン・ビンすごいなぁ。
演技上手かった。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
ニート生活を送ってきた26歳のマ男は、母親を事故で亡くしたことで一念発起。情報処理の資格を取得する。しかし試験に落ち続け、最終的にパスしたのが、ある小さなIT企業だった。そこで働くメンバーは、責任感ゼロのリーダー、お調子者のリーダーの腰巾着、挙動不審なPCオタクなど、超クセ者揃い。おまけに初出社日から毎日サービス残業をさせられ、徹夜の連続という、ありえない仕事場だった。

これは元ネタを知っていたので
映画よりも元ネタの方が面白かった。
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない@まとめwiki
漫画バージョン
でも、こういうの見ると
自分のいってた会社もブラック会社や。
って笑けてくる。(笑)
私も藤田さんのような人がいれば
もっと会社で頑張れたのに…。
と思ったり
思わなかったり…。
しかし、品川演じるリーダーがイライラした。(笑)
私はきっと上原さんタイプだ。
実際に壊れていけなくなったので
上原さんよりも酷いか…。

ダウト ~あるカトリック学校で~/

ダウト ~あるカトリック学校で~/
1964年。カトリック系学校の校長シスター・アロイシスは進歩的なフリン神父が学校で唯一の黒人生徒と“不適切な関係“を持っているとの疑惑を抱く。そんな折、新米教師のジェイムズが“ある目撃談“を持ち込み……

なんか面白そう…。
と思ってみたけど
微妙…。
最初は生徒が性的虐待をされてるんではないか???
と言うような疑惑やったのに
結局は一方的な虐待とかではなく
男児も神父に思いを寄せていた感じで
その事を男児の母親も知っていて
「黒人だし、かばってくれる神父がいないと…。」みたいな感じで
なにも止めたりもせず容認…。
はぁ????????
という感じ…。
(男児が神父を好きでも「止める」のが親ではないのかい???)
それでも、校長が「かまをかけ」神父を追いつめ
教会から去らせるが
結局、神父がそういう事をしたと誰も信じず
神父は移動はしたものの出世したと言う。
なんともいえん落ち…。
まぁ、でも、
こんな事って
学校とかではありそう…。
生徒に手を出して移動。
明らかに問題を起こしたとわかっての移動なら
出世はないかもしれないけど
被害者が内々にしたい出来事とかだと
移動願いを自ら出して出世コースというのはありなのかもしれない…。
実際、私のいってた学校でも
生徒に手を出す先生いたしな。(笑)
狂っている。