母なる証明

母なる証明
体に思考力の成長がついてゆかない息子・トジュンを、母親はつねに心配していた。トジュンには悪友・ジンテがおり、トジュンが轢かれかけた議員のベンツに復讐した際、協力したジンテからバックミラーを破損させた責任を転嫁されたことから、母親は彼との絶交をトジュンに勧めるほどであった。そんなある日、トジュンはナンパしようとした少女に逃げられた。そして次の日少女は死体となって発見され、トジュンは殺人容疑で逮捕された。息子が殺人など犯す筈がないと信ずる母は、警察や弁護士に追いすがるが、その努力も無駄と知り、自らの手で事件を解決しようと奔走する。

これは最高に後味の悪いお話だった…。
見るんじゃなかった…。

この予告をみて
「すごいいい話しっぽい。」
ウォン・ビンの復帰作!!
と思ってみたけどもう最高に後味が悪い。(あくまでも個人的に)
ウォン・ビン演じる息子役が
少し知能が遅れている子というのでもうだめ。(私も家族にいるので)
きっと、すごい面白い!!
と思う人もかなりいるかもしれないが
家族に知的障害者がいるので
この映画をみて
「やっぱり知能の遅れているやつは犯罪を犯すんだ!!」と思われそうで怖すぎる。
それぐらいこの映画は影響力がありそうで怖い。
逆に言えば人を引きつける面白い作品なのだとは思う。
身内に知的障害者がいなければ。
見たい人のために
最初に結末は書かなかったけど
以下ネタばれ。
この映画を見たいと思った人は
読まないでね。
ウォン・ビン演じる(トジュン)が殺人容疑で逮捕されてしまう。
「虫も殺せないような子」と信じる母親は
誰も助けてはくれないので自分一人で犯人探しをはじめるが
最終的に殺人を犯したのは息子だと知る。
母親は「バカにされたらやり返せ。」「殴られたら殴り返せ。」と育てていた。
ある夜、酔っぱらったトジュンは少女を見つける。
あとをつけていくと少女に石を投げられた。
そしてトジュンは石を投げ返した。
その石が少女に当たり死んでしまう。
病院に連れて行かなくちゃ。
と思うもののどうしたらいいかわからず
みんなに見つけてもらえるように
屋上に死体を放置した。
しかし、それを一部始終見ていた
ホームレス?(くず鉄集め)の男性がいた。
トジュンは自分が殺した事を覚えておらず
男性がいたことのみ思い出し
母親に男性がいたと告げる。
真犯人はその男性だと思った母親は男性に会いにいくが
トジュンが殺した事実を男性が話した所
いかり狂って
男性を殺害し、火を放って逃げた…。
事実を知って絶望する母親の元に
刑事が現れる。
そして「少女殺害の真犯人がつかまった。」という。
その新犯人は
またもや知能の遅れている人だった。
母親はその真犯人にあいにいき
「親はいるの?」と聞き「いない」と聞くと泣き叫ぶ…。
本当はトジュンが犯人なのに
親のいない知能の遅れている子を真犯人にしたてあげてしまう事に泣き叫ぶ母親。
母親は本当の事は誰にも言わず
トジュンは釈放された。
細かく書くときりがないので
簡単にまとめるとこんな感じ。
本当によく作られていて
トジュンの奇妙さとかが現れていて
きっとすごく面白い作品なんだと思う。
でも、私は個人的にダメだった…。
しかし、ウォン・ビンすごいなぁ。
演技上手かった。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
ニート生活を送ってきた26歳のマ男は、母親を事故で亡くしたことで一念発起。情報処理の資格を取得する。しかし試験に落ち続け、最終的にパスしたのが、ある小さなIT企業だった。そこで働くメンバーは、責任感ゼロのリーダー、お調子者のリーダーの腰巾着、挙動不審なPCオタクなど、超クセ者揃い。おまけに初出社日から毎日サービス残業をさせられ、徹夜の連続という、ありえない仕事場だった。

これは元ネタを知っていたので
映画よりも元ネタの方が面白かった。
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない@まとめwiki
漫画バージョン
でも、こういうの見ると
自分のいってた会社もブラック会社や。
って笑けてくる。(笑)
私も藤田さんのような人がいれば
もっと会社で頑張れたのに…。
と思ったり
思わなかったり…。
しかし、品川演じるリーダーがイライラした。(笑)
私はきっと上原さんタイプだ。
実際に壊れていけなくなったので
上原さんよりも酷いか…。

ダウト ~あるカトリック学校で~/

ダウト ~あるカトリック学校で~/
1964年。カトリック系学校の校長シスター・アロイシスは進歩的なフリン神父が学校で唯一の黒人生徒と“不適切な関係“を持っているとの疑惑を抱く。そんな折、新米教師のジェイムズが“ある目撃談“を持ち込み……

なんか面白そう…。
と思ってみたけど
微妙…。
最初は生徒が性的虐待をされてるんではないか???
と言うような疑惑やったのに
結局は一方的な虐待とかではなく
男児も神父に思いを寄せていた感じで
その事を男児の母親も知っていて
「黒人だし、かばってくれる神父がいないと…。」みたいな感じで
なにも止めたりもせず容認…。
はぁ????????
という感じ…。
(男児が神父を好きでも「止める」のが親ではないのかい???)
それでも、校長が「かまをかけ」神父を追いつめ
教会から去らせるが
結局、神父がそういう事をしたと誰も信じず
神父は移動はしたものの出世したと言う。
なんともいえん落ち…。
まぁ、でも、
こんな事って
学校とかではありそう…。
生徒に手を出して移動。
明らかに問題を起こしたとわかっての移動なら
出世はないかもしれないけど
被害者が内々にしたい出来事とかだと
移動願いを自ら出して出世コースというのはありなのかもしれない…。
実際、私のいってた学校でも
生徒に手を出す先生いたしな。(笑)
狂っている。

バレンタインデー

バレンタインデー
バレンタインデーのロサンゼルス。
恋人モーリーへ朝一番にプロポーズした花屋のオーナー、リード。彼女は笑顔で婚約指輪を受け取ってくれたのだが…。一方、小学校教師のジュリアは、サンフランシスコへ出張する恋人の医師ハリソンをこっそり追いかけることに。同じ会社で働く秘書のリズと郵便係のジェイソン。初めて一夜を共にした2人だったが、リズはどこか挙動不審。また、老夫婦エドガーとエステルは50年以上も変わらぬ愛で連れ添っていたが、この日に突然エステルが重大なことを告白する。飛行機でたまたま隣り合わせた30代の男性ホールデンと女性将校のケイト。2人は会話をするうち惹かれ合っていくが…。そして、スポーツキャスターのケルビンは有名アメフト選手のパブリシスト、カーラに取材するつもりが、彼女がバレンタインデーを嫌う理由に耳を傾ける。そんな彼らを中心に、甘く切ないバレンタインデーの恋愛群像劇が描かれ繰り広げられていく。

いろんな
カップルのストーリーが展開されて
みんなつながっているのですが
出演人が豪華!!!!!
ジェシカ・アルバ(モーリー) 、
キャシー・ベイツ(スーザン) 、
ジェシカ・ビール(カーラ) 、
ブラッドリー・クーパー(ホールデン) 、
エリック・デイン(ショーン) 、
パトリック・デンプシー(ハリソン) 、
ヘクター・エリゾンド(エドガー) 、
ジェイミー・フォックス(ケルビン) 、
ジェニファー・ガーナー(ジュリア) 、
トファー・グレイス(ジェイソン) 、
アン・ハサウェイ(リズ) 、
アシュトン・カッチャー(リード) 、
クイーン・ラティファ(ポーラ) 、
テイラー・ロートナー(ウィリー) 、
ジョージ・ロペス(アルフォンソ) 、
シャーリー・マクレーン(エステル) 、
エマ・ロバーツ(グレース) 、
ジュリア・ロバーツ(ケイト) 、
テイラー・スウィフト(フェリシア)ほか
豪華過ぎ。
ジェシカ・アルバ目当てやったけど
あんまり出てなくてしかもちょっと悪い女っぽくなってたのが残念…。
アン・ハサウェイの副業が
アダルト電話サービスで面白かった。
でも、その仕事が原因でいったんはふられるんやけどね。
まぁ、やっぱり
そうなっちゃうよね…。
と寂しく見ていた。
しかし豪華でお腹いっぱいやった。
小学生でも花束送っちゃうのね。
いいなぁ。
バレンタインに花とかもらってみたい。
日本は逆やしな…。
反対になればいいのに…。
企業さんも「もうけてなんぼ」なんやから
「男性から送るバレンタイン!!」を大々的に宣伝したらいいのに。(笑)

噂のモーガン夫妻 

噂のモーガン夫妻 
不動産のトップ・セールス・ウーマンのメリル(サラ・ジェシカ・パーカー)と、敏腕弁護士のポール(ヒュー・グラント)は誰もがうらやむ超セレブ夫妻。だが、ある日夫の浮気が発覚し、妻の気持ちは急速に冷めていく。ポールは何とかメリルのご機嫌をとろうとするが、ある晩ディナーの帰りに二人は殺人現場に遭遇してしまうのだった。


「浮気したけど妻が好き。そんなのありですか?」

なし
です。
でも、ヒューならOK!
それはさておき
ヒューが世界で2番目に好きなので見た。
サラ・ジェシカ・パーカーもすき。(SEX AND THE CITY)
映画は面白かったし楽しかったけど
サラ・ジェシカ・パーカーが「キャリー」にしか見えない。(笑)
どうみても「キャリー」
「キャリーが走ってる!!」
「キャリーがださい格好をしている!!」

SEX AND THE CITY の印象強すぎ。
ヒューは相変わらず
ダメ男っぷりで素敵。(笑)
ヒューのラブコメは面白い!!!

女の子ものがたり

女の子ものがたり
高原菜都美(深津絵里)、漫画家、36才。昼間のヒ゛ール、たらいで水浴、ソファで昼寝・・・スランフ゜真っ只
中のタ゛メ作家。
「彼氏も友だちもいない人に、人生の機微なんか描けるはずがない!」と新米編集者、財前(福士誠
治)から投げられたキツイ一言で、菜都美は心の奥にしまっていた子供の頃の“ともだち”のことを思
い出す――。未完成でいとおしいあの頃、いつも一緒だったみさちゃんときいちゃん。ある夏の日の
別れからずっとひとり。そう思ってきた菜都美が、故郷に帰って知った感動の真実とは・・・?

ふかっちゃんが見たくてみた。
内容なんてどうでもよかった。
ゆるーいかんじの深っちゃんが見れたらそれで
オールオッケーなので見た。
ゆるかった。
いい感じ。
なんという空気感。
素敵過ぎ。
映画の内容は
子供の時の事を思い出すカタチで流れていく。
友達がけっこうな不幸でびっくりはした。
主人公だけが
成功しているのにはちょっと何とも言えん感じやったけど…。
結局ビンボー人はいつまでもビンボーなままで
ダメな家族もっちゃったらみんなダメになっちゃうんだ!!
と言われてる気もしたけど
まぁ、そんなもんやし
ふかっちゃんのゆるいかんじと
友達の人生の不幸さと言うか酷さのギャップがすごかった。
内容よりも
ふかっちゃんみれたから
それでいいや。

豚小屋

豚小屋
夫の暴力から逃れ、アトランタにやって来たフェイス。彼女はそこで知り合ったローラという女の家族が営む農場に身を隠すことに。やがて彼女は不審な事実に気づく。次々と謎の失踪を遂げるローラが農場に連れ込んだ男たち。ローラの正体は精神を病んだ異常殺人鬼だった。秘密を知ったフェイスは豚小屋に監禁されるが、そこはローラの家族が殺人を隠蔽するため、死体を処理している加工場だった…。

実話を元にしたホラー。
何となく見たくてみたが
結構怖かった…。
父親から性的虐待を受けたために?おかしくなったムスメが
次々と人を殺していく…。
その死体の処理をするのは性的虐待をした父親と兄。
完全におかしくなった彼女は
自分とそっくりな容姿のフェイスを利用する。
小さな頃から性的虐待を受け
別の人になりたかった彼女は
フェイスの歯と自分の歯を抜き
身代わり殺人を犯そうと計画する。
最終的にはフェイスは助かるんだろう…。
と思っていたが
軽く殺され
彼女の父親、兄、
何の関係もない幼い弟まで殺されて終わる…。
なんという後味の悪さ…。
まぁ、一番悪いのは
性的虐待をしていた父親なんやけど
やっぱり小さい時からこんな事されちゃうとアタマおかしくなるよな…。
だからって人殺したらあかんけど…。
なんとも後味の悪い
ホラーやった。

おくりびと

おくりびと
遺体を棺に納める仕事、納棺師。誰もが避けては通れない旅立ちの時に立ち会う職業についた主人公を通じて、様々な生と愛のカタチを描く人間ドラマ。

こちらも賞を取ったと聞いていたので見た。
映画が始まって
妻の職業が「WEBデザイナー」と知る。
それは別にいいが
台詞の中に「ホームページ作らせますよ。妻に。」と軽々しく言う所や
広末演じる妻が「100万くらいならすぐ何とかなるし…。」とか言っているのが
最高にイラッと来た。
100万が楽に稼げる在宅のWEBデザイナーだと!!!!!!
ふざけるな!!!
と冒頭からイライラした。
話しは戻って
映画の内容。
オーケストラに入れたのに
入ったとたんにオーケストラが解散してしまい
実家にもどる事になったモッくんと広末。(役名忘れた…。)
旅行会社と思って就職した会社が納棺の仕事だった。
と言うお話。
すっごい綺麗やった。
納棺するまでの作業が…。
うちのおばあちゃんと父親が死んでるけど
おばあちゃんの死化粧は酷すぎてびっくりしたのを覚えている。
あんなに綺麗にしてくれるものなのだろうか?
80代でなくなっているおばあちゃんなのに
蛍光のピンクのような口紅を塗ってあった…。
「なんじゃこりゃ?」と不気味で仕方なかったが
「死化粧はこんなもん…。」と言っていたので
「こんなもんなのかぁ…。」と思っていたけど違うのね…。
あの化粧は誰がしたんやろぅ…。
葬儀やさんかなぁ…。
おばあちゃんの葬式はほとんど誰も来なかったし
集会所みたいな所でやったし
きっとお金全然かけてなかったからなんかなぁ…。
一応、父親の時は
葬式のホールみたいなとこでやってたので
納棺の儀式みたいなのはやってたけど
「見ると気の毒なので外に出てください。」といわれて出された気がする…。
なんか服を着替えさせてる途中で出されたような…。
身体に青たんみたいな斑点がたくさん出来ていて
それを見るのは気の毒やからとかなんとか…。
映画と全然違う。(笑)
映画の着替えさせるシーンはすごく綺麗やったし
あんなにも綺麗にやってくれるものなのかと
感心した。
「すごいいい仕事やん。」と思ったけど
映画では妻にも友達にもバカにされて
「汚らわしい…。」まで言われてる事にびっくりした…。
まぁ、最終的には
仕事ぶりをみて妻は納得するんやけどね。
この映画見てたら
映画の内容よりも
自分が死んだ時はこんな衣装がいいなぁ…。
とずっと考えてた。
棺桶は安物でいいから
綺麗な布をかぶせて欲しいな…。
そう思ったら
死ぬにも金がかかるのか…。

なんという現実…。
と辛くなった。(笑)
多分、この映画はテレビでもやってたはずなので
見た人は多いはず。
いい映画だとは思う。

ヴィヨンの妻

ヴィヨンの妻
秀でた才能を持つ小説家の大谷(浅野忠信)と誠実で美しいその妻・佐知(松たか子)。大谷はその
才能とは裏腹に、お酒を飲み歩き、借金を重ね、妻以外の女性とも深い関係になってしまう破滅的な
生活を送っていた。ひょんなことから夫の借金を返すために飲み屋・椿屋で働き始めた佐知は、あっ
という間にお店の人気者になり、日に日に輝きを増していった。そんな佐知は、常連客の一人、大谷
ファンの青年・岡田(妻夫木聡)や昔佐知が振り向いてもらえなかった弁護士・辻(堤真一)から好意を
寄せられるのだった。見違えるように美しくなっていく佐知に嫉妬する大谷。そして大谷は、書くこ
とそして生きることに苦悩し、愛人の秋子(広末涼子)と心中未遂を起こしてしまう。それを知った
佐知は・・・。

なんか賞をとったと聞いていたので見たが
んんんんんんんんんんんんんんんんんーーーーーーーーん
って感じだった…。
時代のせいか?
こんな男なんてさっさとすてりゃぁいいのに…。
と今の時代では言われるだろう…。
まったくもってダメンズだ。
こんなひどい仕打ちをされても
お金のために身体を売り夫を支えるなんて…。
昔ではこれを「美」とされていたのか…。
今そんな事やってたら
ただの頭の悪いアホだと言われる…。
時代の移り変わりをありありと見せられた気がした。
きっと昔にうまれていたら
私は「アホ」ではなく「良妻」の部類に入れられただろう。(笑)
昔にうまれたかった。
私は完全なダメンスウォーカーだ…。(笑)

メグ・ライアンの男と女の取扱説明書

メグ・ライアンの男と女の取扱説明書
「男はどうして浮気をするのか、そしてその心を取り戻すには?」という永遠のテーマに悩む女性を、メグ・ライアンがキュートに演じたラブコメディ。敏腕弁護士のルイーズは、休暇で訪れた別荘で、夫から離婚を切り出される。さらに愛人も現れ…。

面白い内容かと思いきや…。
思いきや…。
「女って怖い。」と言う映画かも…。
浮気している人は是非見たらいいと思う。
「女の怖さ」を知るべきだ。
トイレに縛り付ける恐怖よりも
夫を取り戻すまでにしたおしばい?が最高に怖い。
じわじわくる怖さ。
女の人は笑ってみれるけど
浮気している男の人は笑ってみれないと思う。
「女はしたたかで賢いのである。」
しかし愛人役の子(ヴェロニカ・マーズの子)
可愛かったな。
すんごく綺麗になってた。
彼女なら浮気する気もわかる気もしないでもない。(笑)