アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド
児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。
白ウサギと遭遇したことによって不思議の国へと迷い込んだアリス。そこは、美しくもグロテスクなファンタジーワールドで、トゥィードルダムとトゥィードルディーや、赤の女王とその妹で慈悲深い白い女王たちに出会う。

話しはおいておいて
CGがすごかった。
撮影シーンが特典映像であったけど
演じる俳優さんは大変だ。
猫ちゃんかわいかったな。
またまた
ジョニー・デップは特殊メイクで出演。
おっきくなったりちっさくなったりできる
クッキーがほしぃ。

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ
ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウの共演で贈るアクションミステリー。19世紀末のロンドンで若い女性が不気味な手口で殺される事件が発生。ロンドン警視庁が解決の糸口さえ掴めない中、ホームズはたちまち犯人を突き止める。

久々に更新。
だいぶ前に見たので忘れてるかも…。
シャーロックホームズがワトソン君に執着しすぎなのが笑った。
二人ともかっこ良くてナイス!!
内容ほとんど忘れてしまったけど
面白かった。
気がする。(笑)
思い出せない。
でも、2に続きそうな感じだったので
2がでたら見る。
ジュード・ロウは何の役をやっても
ずーーーーっと「AI」のジゴロのアンドロイド役にしか見えなかったけど
初めてちゃんとした役柄に見えた。
ワトソン君かっこよかった。
ロバート・ダウニー・Jrは「路上のソリスト」のときが一番かっこ良かったなぁ。

陽だまりのグラウンド

陽だまりのグラウンド
ギャンブルにはまって借金苦に追いやられたコナー(キアヌ・リーヴス)は、週500ドルの報酬でシカゴのスラム街に住む少年たちの野球チームのコーチを務めることに。最初は金目当てだったものの、自分を慕う少年たちの思いに触れ、やがて彼は再び生きる意欲を取り戻していくのだが…。
実話をもとに、人生に挫折した男と少年たちとの交流をユーモラスに、しかし貧困など苛酷な現実を隠す事なく映し出すヒューマン野球映画。

お客さんにすすめられたのでみました。
キアヌのダメ男っぷりがなんともいえんかった。
昨日テレビで「スピード」やってたし、イメージが…。(笑)
目が痛かったので吹き替えで見たのですが
小山力也さんの声だったので
ジョージ・クルーニーに変換された。(笑)
(↑わかる人だけわかってください。(笑))
映画は子供たちが嬉しそうで見ててほほえましかった。
駄目な男でも子供に好かれるということは
やはりどこかいい所があるってことなのね。
しかし、何故スポーツでそんなにも熱くなれるのかが
いまひとつわからない…。
映画は感動しましたよ。
最近、おススメされてスポーツ系の映画をよく見るけど(男性はスポーツ好きね。)
映画ではジックリ見れるけど
ただ試合だけをじっと見ることが出来ない…。(´・ω・`;)
スポーツ自体苦手やけど
観戦も苦手らしい…。
サッカーワールドカップも見てないし
オリンピックも見ないし
野球も見ない…。
フィギアスケートだけは見てて以前は楽しかったけど
今はあまり何も思わない…。
好きな選手とかいたら応援できるんやろうけど
見ないので好きな選手すらいない…。
なぜこれほどにも
スポーツに興味が持てないのかが不思議になってきてしまった。
映画はとってもよかったですよ。
スポーツ苦手な私でも楽しめました。
この映画はよく目にする場所にツタヤでも置かれているので
きっと人気のある映画なんだと思う。
タイトルをお客さんにきいいたときにパッケージがすぐに浮かんだから。(笑)
ダメ男のキアヌがまっとうに生きれたんだから
私もまっとうに生きたいわ。
ギャンブルもせんし、酒も飲まないのにダメダメ人生!!!
ほんまに嫌になるわ。
あっ、この映画はうるっとくる程に本当によかったですよ!!!

インビクタス / 負けざる者たち

インビクタス / 負けざる者たち
1995年、ラグビーワールドカップ。南アフリカチーム、奇跡の優勝の陰には、ネルソン・マンデラがいた。彼の真の目的は…。マンデラの全面的な協力を得たジャーナリストによるノンフィクションの傑作。

これは「いい!!」と聞かされていたので期待してみた。
感想は
よかった!!!

実話なんだねぇ。
これ。
恥ずかしながら
この映画を見るまで
南アフリカには黒人さんばかりいるのかと思っていたので
最初まったくもってなんでマット・デイモンが出ているのかさえ意味がわからなかったけど
よくよく考えたら「白人さんもいるにきまってるわなぁ…。」
と自分の無知さにあきれた。
アパルトへイトのことも
とにかく「黒人さんを奴隷のように扱った事」くらいにしか知識がなかった…。
私は歴史のことを全て映画から学んでいるような気がする…。
前にも書いたが第二次世界大戦は日本対アメリカと思ってたくらいアホなので…。
映画で後々いろいろ知った…。
学校の勉強はとにかく暗記で内容を理解しようとすらしていなかったので
単語は覚えていても意味がわからないことが多い。(特に歴史は)
映画を見るようになって本当に自分は全く意味のない勉強をしてきたとつくづく思う。
(特に歴史。)
まぁ、運もわるかったんやけど…。
歴史は何故か生徒にいじめられる先生ばかりで
(授業中に上級生が乱入してきたり…。先生が生徒に気を使いすぎて自習ばっかりにしたり…。決して荒れた学校に行っていたわけではないんやけど…。)
ただ教科書の内容を黒板に写す先生ばかりだった…。
中学も高校も…。
小学校も高学年の担任はへんな先生で
君が代は歌わせない、習わせない、日の丸は掲げない。という担任で…。
日本の学校なんやけどね。
なんか偏った教育をされていた気がする。
大人になって映画見るようになって色々気づいたけど
映画見なかったら未だに歴史に関しては無知すぎたと思う。
映画好きでよかった。(笑)
話がそれたけど
映画の内容に戻る
詳しく色々書こうと思ったけど
これはなんやかんや言うよりも
見たほうが早い。
というか是非みてほしぃ。
これを見る前に
『マンデラの名もなき看守』
南アのアハ゜ルトヘイト政策下、27年間もの投獄生活を強いられていたネルソン・マンテ゛ラと、彼を担当する白人看守
の間に生まれた、人種の壁を超えた友情の実話を初映画化。

を見ることもお勧めします!!!
(これも見たんですがよかったです!!)
あと、私ほど無知な人はいないとは思いますが
映画の前に色々調べてから見るともっと楽しめると思います。
公式サイト作品をより楽しむ
アパルトヘイト
ネルソン・マンデラ
ネルソン・マンデラと言う人は本当にすばらしい人(賢い人)なんだとしみじみ思うし
何気にモーガン・フリーマンに似ている。(笑)
この映画はよかった。
「幸せの隠れ場所」以来のヒットだった。(私調べ)
そしてラグビーとアメフトの違いが少しわかった気がした映画だった。
とにかくラグビーは見ているだけで身体が痛かった。
めちゃくちゃ荒々しい。
あと書いておきたいシーンが
何気に一番つぼったシーンがあり是非ほのぼのするので見て欲しいというか
このシーンがあることでぐっとこの映画が良くなっていると思うのでメモしとく。
ワールドカップ開催中。
会場外で警備に当たっていた白人さんたちが
車のラジオで試合を聞いていた。
試合会場に入りたかったらしい黒人の少年が
ものをひらうふりをしてラジオを聞こうと車に近づく。

「あっち行け!!!」と無碍にあつかわれる。
それでも試合が気になる少年は鞄の中を整理するフリをしてラジオを聞こうと車に近寄ってくる。
それに気づいた白人さんは一緒にラジオを聞かせてあげる。
そして試合が盛り上がるに連れて
白人さんと黒人少年の距離がどんどん縮まり
一緒にジュースを飲んだり抱き合って喜んだりしていた。
このシーンは何気に面白いし
このシーンこそがマンデラ大統領が期待した結果なんだろぅ。
とみていて感動した。
試合の合間合間に映し出される
この白人さんたちと黒人少年のやり取りが本当にいい効果を出していたと思う。
ラグビーシーンは本当に荒々しくて
スローモーションのシーンは闘牛か?と思ってしまった。
しかしマット・デイモンの身体がすごいことになっていてびっくりした。
オーシャンズのイメージが強いので
華奢な青年がこんなにムキムキマッチョになるなんて!!
とびっくり仰天した。
ムキムキマッチョが好きなわけではないけど
この映画はとってもとってもおススメです。

500日のサマー

500日のサマー
建築家を夢見つつ、グリーティングカード会社で働くトムは、ある日、秘書として入社してきたキュートなサマーに一目惚れしてしまう。トムは運命の恋を夢見る男の子、一方サマーは真実の愛なんて信じない女の子だった……。好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと、サマーの答えはノーだった。恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。人を好きになるって、どうしてこんなに楽しくて切ないんだろう。誰もがまた恋したくなる、二人の(500)日がはじまる!

この映画は他の新作DVD見てると
いやと言うほど予告ではいりまくり
「もう、わかった。見るから。」って気分にさせてくれた映画。(笑)
恋愛ものかと思っていたら
冒頭、ナレーションで「恋愛話ではない。」とでた。
ええええ!!!!!
と思ったけど
恋愛ものといえば恋愛ものだった。
なんというか
男と女の立場が逆なカップルで
彼女は愛を信じていなくて
デートもセックスもするが彼は彼氏ではなくただの友達と言い切り
なんか変な感じ。
そんな彼女にイライラをつのらせる女々しい彼氏…。
あっけなく彼女にバイバイされ
彼氏はボロボロになり仕事も辞める。
なんとか気持ちを建て直したところで
また彼女に再会。
元さやを期待する彼だが彼女にはすでに新しい彼(婚約者)がいた。
傷つき走って逃げ帰る。
そして時はたち、彼女は結婚し
彼は夢であった建築家を目指すお話。
なんだろう…。
不思議な映画だった。(笑)
自由すぎるサマーを見習いたい気もするけど…。
やりたいことやって人を傷つけても幸せになれるってお話。にもとれんこともない。(笑)
とにかく男の方が女々しいというか
惚れた者の負けと言うか
なんというか…。
うーーーーん。
って感じの映画だった。
予告に期待しすぎてしまった…。

アルビン2 シマリス3兄弟vs.3姉妹

アルビン2 シマリス3兄弟vs.3姉妹
いまやトップ・アイドルとなったシマリス3兄弟のアイドルグループ、“ザ・しまっピーズ”はパリでライブを行っていた。ところがそこで、彼らの世話役のデイブが怪我をしてしまったことから、彼の甥っ子トビーにあずけられ、シマリスたちは学校に通うことに。“ザ・しまっピーズ”の大ファンだという校長は、音楽コンテストに当校代表として出場し、優勝するように持ちかける。ところがそこに、“ザ・しまっピーズ”の元マネージャーであるイアンが、なんと同じシマリスのガールズユニット“ザ・しまペッツ”を引き連れ最強のライバルとして登場!代表の座をかけて、それぞれのグループが新曲の歌、ダンスを披露し、バトルが始まった!

これは1が面白かったので2も見た。
女の子のセンターの子がビヨンセに見えて仕方ない。(笑)
男の子チームの末っ子くんが可愛くてかわいくて…。

とにかく可愛いくて癒される。
外国もののキャラはあんまり可愛くないのが多いけどこれは可愛い。
というか
少し前にテレビでやってたけど
実はこれ日本人の方が制作にかかわっていた。
それを見たときに
「ああ、だからかわいいんかぁ。」と妙に納得したのを覚えてる。
この映画はちびっ子がはまると思う。
大人の私も好きやけどね。(笑)
聴いたことのある曲が出てくるのも楽しい。
おススメ。

恋するベーカリー

恋するベーカリー
人気ベーカリーのオーナー、ジェーンが、仕事、家族、友人との関係を通して自分らしい幸せな人生を手に入れる笑いあり、涙あり、可笑しくも心温まる物語。 ジェーンはニューヨークタイムズ紙で全米No.1の評価を得た大人気のベーカリーショップのオーナーであり、3人の子供をもつ母親。10年前に敏腕弁護士のジェイクと別れ、シングルライフを、子供たちや友人たちと満喫しているものの、何か満たされない思いを抱えていた。そんなある日、NYの高級ホテルに滞在中、ホテルのバーで偶然再会したのは、元夫のジェイクだった。久々に夕食をともに過ごし純真に楽しむ二人だったが、事態は予想もしない方向に・・・。女性をして、母として身の振り方に迷いながらも前向きに生きようとする彼女の幸せ探しが始まった!

タイトル的に
ベーカリーで繰り広げられる恋愛話かと思ったけど
ほとんベーカリーは関係なかった。(笑)
内容的には
身勝手な元夫の発言にイライラしっぱなしで
ぜんぜん楽しめなかったけど
マリファナ吸ってハイになってるの見てたら
すってみたくなってしまった…。orz…
どんな映画よ!!
って感じですが
メリル・ストリープすきなんでOK!
メリルがライブチャットで彼氏と会話中に
元夫が全裸で乱入するのは少し笑えますよっ。
私はしょっちゅうライブチャットで一方的に下半身を見せ付けられるので
もう慣れっこですが
初めての人にはひっくり返るほどの衝撃でしょう。(笑)