コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女
古いアパートに引っ越して来た11歳の少女コララインは退屈していた。近所に住む少年ワイビーとの出会いは最悪だったし、パパもママも仕事に追われ、食事は手抜き料理ばかり。そんなある日、家の中に封印された小さなドアを見つけたコララインは、ドアの向こうに別の世界を発見する。そこではやさしくて料理上手のママが待っていて、願い事はかない放題。ただし、奇妙なことにママの目はボタンだった…。

なかなか面白かった。
絵は好きではないけど…。
しかし、下の階に住むおばさまたちの衣装が卑猥で仕方なかった。(笑)
こんなの子供が見るのにさらしていいのか????
と。

でも、おすすめ。

エグザム

エグザム
世界一危険な就職試験
合格者は死ぬまで年俸1億円の報酬

究極のサバイバル・ブレイン・サスペンス!
たった1つの雇用枠を賭け、国籍も年齢も異なる8人のスペシャリスト達が、時に協力し合い、時に出し抜き、
閉ざされた密室で80分間の難関な就職試験に挑むバトルをリアルタイムで描いた作品。

キャッチにやられてみたけど
映画中に
「死ぬまで年俸1億円の報酬」
とか出てなかったのでいまいちぴんと来なかった。
吹き替えで見てしまったからかな?
まぁ、それはおいておいて
久しぶりにめっちゃ頭使いながら見入ってしまった映画だった。

結末が
小学生のなぞなぞかい!!!!!
っとちょっとがっかり。
でも、私はめがねが怪しい。
と早くから気付いていたので
もし中にいたら合格してたかもしれない。(笑)
こんなにもキャッチに踊らされたのは久しぶりなので
キャッチの大事さをいまさらながらひしひしと感じさせてもらった。(笑)
がっかり感はいなめないが
キャッチの大事さを教えられたのでよしとする。

ダーリンは外国人

ダーリンは外国人
漫画家を夢見るイラストレーターのさおりは、漢字の美しさに一目ぼれして来日したアメリカ人・トニーと出会い、交際を始める。しかし、2人は日本とアメリカの文化の違いを実感し、やがて心はすれ違い始める。

中学の同級生がちょうどアメリカ人と結婚しているので
「こんな感じなのかなぁ。」と思いながら見た。
まぁ、友達はアメリカにわたっての結婚なので少し違うけど…。

なんといい旦那様。
私もアメリカ人(日本語ぺらぺら)と結婚したいわ。
と思う内容。
しかも、彼女はイラストレーターと言う職業。
すべてがうらやましすぎた。
トニーの友達で
白戸家のお兄さんが出ていて少し笑った。
あと、やっぱりアメリカ人から見たら
日本の女は簡単と思われてるのね。
と再確認した。(すし屋のシーンで)
とにかくすべてがうらやましい映画であった。
大竹しのぶトニーをたたきすぎ!!!

セレブ・ウォーズ ニューヨークの恋に勝つルール

セレブ・ウォーズ ニューヨークの恋に勝つルール
イギリスで小さな出版社を経営するシドニーはひょんなことからアメリカの人気出版社のオファーを受けて、ロンドンからニューヨークへ移り住むが…。キルスティン・ダンストvsミーガン・フォックス、2大ヒロイン共演のオフィス・ラブコメディ。

話の内容うんぬんよりも
プールのシーンでデビット君(ミーガンのだんな様)でてなかったか???
と気になって仕方なかった。
気のせいなのかなぁ…。
しばらくそこが気になって仕方がなかった。
シドニーが仕事をもらうために
手を合わせてお願いしてたけど
私も手をあわせてお願いして仕事がもらえるならするのに…。
と冷静な目で見ていた。
キルスティン・ダンストvsミーガン・フォックスとあるので
二人が活躍(派手にやりあい)するのかと思ったら
主人公はあくまでもシドニーであった。(笑)
私もシドニーみたいに仕事がしたい!!!!!!!!

わすれた恋のはじめかた

わすれた恋のはじめかた
バークは自己啓発書の著者として多くの読者を獲得しているベストセラー作家。彼は2年前に妻を亡くし、その悲しみに打ちひしがれていた。そんなある日、彼は講演のために訪れたホテルで花屋のエロイースと出会う。彼女は幾つもの恋に破れてしまったために、恋に臆病になっている女性であった。そんな心に傷を持つ二人が、互いに惹かれあっていく。

ネットであらすじ見たら奥様がなくなって2年って書いてるんやけど
3年じゃなかったっけ?
とにかく2年でも3年でも
自分の事故のせいで妻が亡くなったのに
デートとか早くないか?
と個人的に思ってしまった。
でも、映画とかではよくそういうシーンがあるので
それが普通なのかもしれない…。
別れて3ヶ月デートしてないだけでも
ありえない!!!!!!
とかそういうせりふをよく聞くので…。
不思議。
奥様なくしてそれを商売にしているのも納得がいかない。
ジェニファー・アニストンがでてるからみたけど…。

やさしい嘘と贈り物

やさしい嘘と贈り物
小さな町に一人暮らしをする年老いたロバートは、孤独な日々を過ごしていた。そんなある日、メアリーという美しい女性に出会い、彼の日常は心躍るすばらしい日々へと変わっていく。しかし、次第に明かされるのは、実は彼が恋した女性は自分の妻で、全てを忘れてしまっているロバートを家族がかげで支えていたことだった…。

タイトルからして結末はわかってしまって
うーん。
と思いながら見てたけど
最後はちょっとうるっときてしまった。
こんな長いこと連れ添える夫婦がうらやましぃ。

でも、忘れられるのはつらい。