恋とニュースのつくり方

恋とニュースのつくり方
ベッキーはテレビ局のプロデューサー。ある日、突然、テレビ局をクビになり失業…。
落ち込んでいた彼女にチャンスが訪れる。ニューヨークのテレビ局で朝の情報番組のプロデューサーに採用されたのだ…

ずっと、暗い映画ばかりみていたので
めちゃくちゃこの映画が楽しく感じた。
やっぱこういうのいいよね。
意外に豪華キャストで見ごたえあり。
ダイアン・キートンすきなのでダイアン・キートンのはっちゃけ姿を見れてうれしかった。
ハリソン・フォードもお料理してがんばってた。(笑)
なんでか私の頭の中では映画に出てくる番組が「目覚ましテレビ」に変換されていたけど…。
大塚さん(今は伊藤アナ)もあやパン(今はショーパンか)もこんな風にいいあいしてるの? とか思ってみたり…。
勝手な妄想を膨らませてた。(笑)
こんな映画みたいに仕事をバリバリこなせる女性になってみたいわ…。
と思いながら見てました。
やっぱり、見るならハッピーエンドなこういう映画がいい!!!!

ネスト

ネスト
一家が引っ越してきた新天地、そこは“奴ら”の巣窟(ネスト)だった…。

まずはこの動画を見てほしいの。

これを見て「面白そう。」と思ってみたのですが
え!!!!!
そっち系なの?
と思ってとってもびっくりした映画です。
しかも、終わり方も
えーーーーーーーーーーーーー。
って感じで…。
めちゃくちゃ面白いとか、怖いとかそういうのではないのですが
いい意味で期待を裏切られるというかなんというか…。
時間がある人はみても損はないかと・・・。
この予告を見て本編見たら「そっち系?」って驚く人が多いはず。

処刑教室

処刑教室
校長室の金庫から全国共通試験の答案が盗まれる事件が発生。自称ジャーナリストの生徒ボビーは、皆のあこがれの的であるフランチェスカから犯人を突き止めるよう依頼される。一方、校長ジャレッドは、容疑者は不良グループだと考えており…。

これはブルース・ウィリスとミーシャ・バートンがでてるから面白そうと思って見たんやけど
すごいB級感あふれる映画だった…。
ブルース・ウィリスこんなんでていいの?って感じ…。
自称ジャーナリスト気取りのボビーにもイライラするし
なんだかなぁ・・・。
って感じだった…。
最初からどうみてもフランチェスカが犯人にしか思えなかったし
なんでボビーは気付かないわけ????
と逆にびっくりした。
しかも、処刑教室って題名がおかしすぎるよ!!!!
ブルース・ウィリスの無駄遣い…。
残念。

ラブ・クライム

ラブ・クライム
双子の姉を殺されたウォルターと夫を殺されたリンダが出会い、心に開いた物を埋めるように次第に惹かれあって行くお話。

なんとも気分の悪い映画だった。
今話題のアシュトン・カッチャー(デミと離婚したね。残念。)が出ているからみたんやけど
アシュトン・カッチャーが演じるウォルターの姉が
レイプされたうえ何度も殴られしかも、火までつけられ酷い殺され方をして
その犯人として捕まえられたのが、軽度の知的障害者で…。
ここで、まず気分が悪くて…。
話が進んで、リンダ(ミッシェル・ファイファー)の夫も別の事件で夫を銃で殺されているんやけど
そのリンダの息子は聴覚に障害があって
そのことでいじめられていて…。
仕返しに銃を持ち出し…。
ここでまた気分が悪くなって…。
ウォルターとリンダは傷をなめあうように仲良くはなるんやけど
そのせいでまた事件が起こり…。
しかも、犯人として捕らえられていた軽度の知的障害者の人は無罪で釈放。
それに腹を立てたウォルターが殺してやろうと暴行する…。

本当にその人は犯人じゃなかった!!!とわかる…。
もう、最悪。
逮捕された人、かわいそすぎ…。
その暴行の様子を見ていたリンダの息子が
ウォルターのために、良かれと思って
その無実の人を殺そうとして銃撃してしまう…。
なんとも最悪な映画だった…。
無実の罪をきせられた人はウォルターがかばったからうたれることはなかったんやけど(ウォルターがうたれた)
結局、リンダの息子は刑務所いきになった…。
一番悪いのは姉を殺した犯人なんやろうけど
「なんなの!!!この映画!!!!!」って気分が悪くなった…。
障害者の二人がかわいそすぎるわ!!!!

GAMER ゲーマー

GAMER ゲーマー
西暦2034年、オンライン・ゲーム「スレイヤー」では、脳手術を施された生身の囚人が、プレイヤーたちに遠隔操作され激戦を繰り広げていた。そんななか、無実の罪で投獄されたケーブルは、愛する妻と娘に会うため「スレイヤー」の世界から抜け出そうとする…。

ジェラルド・バトラーが好きなのでみた。
超セクシーイケメン!!と思ってたけど
どんどんどんどん、むっきむきになってゆく…。
映画の内容はなんとも残酷なゲーム。
お金持ちがゲームをする権利を持ち、囚人をあやつる。
囚人は“30回勝ち抜けば釈放”という条件を目標に戦うが、大概1回で死亡…。
「死刑囚を殺して何が悪い!!」って感じでお金持ちはゲームに参加…。
どんどん囚人が殺されてゆく…。
この戦う「スレイヤー」以外にも別のゲーム(戦うものではなく、普通の街の様な物。名前を忘れてしまった…。)があり
そこもお金持ちが貧乏人を操る…。
すんごい、胸糞悪いゲーム。
「きっと、いつかこんな世界になったら、私は操られる側なんやろうな…。」と思いながら見てた。
気分はわるいんやけど、映像とかもすごくて見入ってはいたんやけど
意外と最後のほうはあっさり終わってしまって
「えーーーーーーーーー」って感じではあった。
なぜかとっても
「セカンドライフ」を思い出した映画ではあった。(笑)
映画としては面白いんやけど、最後のほうががっかりであった…。

男と女の大人可愛い恋愛法則

男と女の大人可愛い恋愛法則
見失ってしまった何かを探すため日記を書くクラスを受講し始めたエリートビジネスマン
忙しい中、日記を書き綴る彼はある日、妻から浮気を告白される
それを機に彼の人生は崩れ始め…

ベン・アフレックがでてるのでみてみた。
奥様役の人を「どこかで見たことある…。」と悩んでいたら
「アグリーベティ」にでてた。
ミード家の長男役(途中で性転換するので長女?)で出てた。
名前を調べたら、あらびっくり!!!!
レベッカ・ローミンというんやけど
あの「フルハウス」のジェシーおいたんの元奥様であった。
映画には関係ないけど、新しい発見がありびっくり。(笑)
映画の内容はコメディで面白かった。
恋愛モノ感はあんまりなかったかもしれない…。
日記を盗まれるんやけど、その盗む役の子がアジア人でなんかちょっと悲しかった…。
アジア人=悪者 
しかも、自分の書いたものが採用されなかったからといって
脅迫に窃盗…。
アジア人=悪者…。
最後は日記も戻ってきてハッピーエンド。
めちゃくちゃ面白いわけではないけど、面白いです。
ベン・アフレックがキレル姿とか、襲われてしまって歯がおれて入れた差し歯が変とか…。
忙しいだんな様をお持ちの奥様にお勧めかもしれない。(笑)

隠された日記~母たち、娘たち~

隠された日記~母たち、娘たち~
カナダで働くオドレイは、フランスのアルカションに帰省する。
カナダでは第一線で働いてキャリアを積み、恋も自由に楽しんでいた。しかし、恋人ではないトムの子供を妊娠してしまう。オドレイは妊娠していることを打ち明けず、祖父の家に滞在することにする。ある日、オドレイは祖父の家のキッチンで、1冊の古い日記を見つける。それは、50年前、突然姿を消した祖母ルイーズが書いたものだった。そこには家族のために作った料理のレシピとともに、子供たちへの深い愛と、ルイーズの秘めた想いが書かれていた。

これはなんとなく「面白いかなぁ。」と思ってみて見たんやけど
みはじめてすぐ「面白くないかも・・・。」と思ってしまった。(笑)
惰性でみてたんやけど
最後の結末が「え!」っと驚かせてくれたのである意味面白かった。(笑)
でも、特にお勧めはしないけど…。
出てくる女性がみんな自分勝手で…。
なんともいえなくなります…。
日本人には理解しがたい気がする…。
ただ、景色がきれいで
祖母のきいてる洋服がとってもお洒落でそこだけはかなり評価する。(笑)
もしかしたら、すごい田舎で暮らしてきて
働きたいけど古風な家庭のため外では働けず
仕方なく専業主婦している人とかにはぐっと来るかもしれない…。

チャットルーム

チャットルーム
ウィリアムは家族との折り合いも悪く、一人でインターネットの世界に没頭していた。彼はネットを通じてジムやエヴァ、エミリーやモーと知り合い、自分のチャットルームで彼らと頻繁に連絡を取るようになる。ジムに目をつけたウィリアムは、彼を自殺に追い込もうとする。

この映画は内容的には最低なんやけど
チャットというものの表現の仕方が非常に面白い。
(チャットの部屋を実際の部屋に見立てて撮影している。)
ちなみに『リング』シリーズの中田秀夫監督がとったやつらしい。
ウィリアムが最低なやつで、自殺願望や心に傷ががある子を見つけ出し
親切にするフリをしてどんどん自殺に追い込んでゆく…。
めちゃくちゃ気分が悪くなる映画。
ただ、本当にチャットの表現の仕方が今までになくて面白かった。

サーフィンドッグ

サーフィンドッグ
マーマデュークの飼い主であるウィンスロウ一家がカリフォルニアに引っ越すことになり、マーマデュークもウィンスロウ家の子供たち同様カリフォルニアで新しい仲間たちと新生活を送ることに…。

結構、前に見た映画なので内容が…。
でも「ER」のモーゲンスタン部長が出てたのは覚えている。(笑)
マーマデュークが新しいところでリーダー的存在になり、
最初に仲良くなったお友達を裏切ったりするんやけど
途中で改心してみんなで仲良し。
って感じ…。
完全に子供向け。
子供にはいい教訓になると思う。
お子様にお勧め。