シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

「シャーロック・ホームズ」(2009)の続編。
ヨーロッパ各地で連続爆破事件が発生し、ホームズは天才数学者で作家のモリアーティ教授こそが黒幕だと推理する。事件に関与していると見たアイリーンが姿を消し、「手を引かなければワトソン夫婦の命も狙う」とモリアーティから脅迫されたホームズは、事件解決の鍵となる女性シムを探しにフランスへ向かう…。

 
久々に映画館での映画。
「シャローックホームズ」は以前にDVDでみていた。
最初はミステリー映画と思ってみていたのに
映画が始まると爆発したり、激しくドンパチしてるのでびっくりして衝撃を受けた。

いい意味で。

今回は特にみたいわけじゃなかったけど(DVDでたらみよう…。とは思ってた。)
息子の強烈なプッシュで仕方なくみた。(笑)
ほんとは「TIME」がみたかった…。

でも、やっぱり映画館でみる爆破シーンは凄い…。
感動。(笑)

あいかわらずただのミステリーではなく
ドンパチドンパチやっていた。

あまり書くとネタばれになるけれど…。
ホームズが「トリックアート」のように部屋と同化しているシーンが何気に面白かった。
あと、女装したり、変装したり…。

ワトソン君との掛け合いもあいかわらず面白かった。

最初「2700円も払ってみる映画か?」と内心思ったりもしていたけど、映画館で見る価値はあった。
でも「TIME」がみたかった…。(笑)

映画館はカップルでいっぱいだったけど
結構、子供も楽しめると思う。

うちの息子は大絶賛していた。

きっと3も出るんだろう…。

そんな終わり方をしていた。(笑)

 

しかし、ロバート・ダウニーJr かっこいいな。歳を重ねるほどにいい味が…。

 

 

エターナル・キス

エターナル・キス
ミス・テキサスのコンテストで見事優勝したアナベルは、その授賞式のさなかに急死してしまう。
彼女の死体はエルヴィスの父が経営する葬儀屋のもとに送られる。
アナベルの美しさに思わずキスをしてしまうエルヴィス。その時、奇跡が起き、アナベルは命をふきかえす…。

ブレイク・ライブリーかかわいすぎるので見た。
個人的にはたまらんほどにかわいいと思っているけどネットではあまり評判がよくないので悲しい…。
とにかくめちゃくちゃかわいいと思う。この子がかわいくないだなんてみんなどんだけ容姿端麗…。

ストーリー的にメルヘンチックなお話と思いきや、重すぎて辛かった…。
・アナベルが義理父に性的虐待をされているようにもとられるシーン
・エルヴィスの母がエルヴィスが12歳の頃に自殺
・母の死後、様子がおかしくなる父(介護が必要なほど…)
・キスをしただけなのに屍姦の罪をきせられ逮捕
・逮捕されている間に父が死去
・エルヴィス自身も自殺未遂をおこす
かなり重い。
母親は自殺するし、おかしくなってしまった父のことでずっと差別を受けてきて、
父親の面倒みないといけないし、納棺士の仕事までもこなして
めちゃくちゃ大変な人生の中に
突如、現れた美しい女の子。
死体にもかかわらず思わずキスをしてしまったら
生き返ってしまった。
家出してきたアナベルをかくまってあげたのに
誘拐&屍姦の罪…。
父が死去し、自殺未遂…。
本当に最悪すぎる…。
最悪すぎるので2回書いてみた。
ほんまに最悪すぎるけど
その反動でか、
アナベルとすごした時間がとっても美しく描かれていて
なんか切なく悲しかった…。
最終的には誤解もとけてハッピーエンドにはなるんやけど
エルヴィスつらすぎるやろ!!!!
って感じ…。
全然、期待してなかったけど
すごい角度から期待を裏切られてしまった映画だった…。
エルヴィス幸せになってくれ!!!!
ちょっとDVDほしいなぁ…。
しかしブレイク・ライブリーかわいい。

こわれた恋のなおし方

こわれた恋のなおし方
ピーターとバンディはドラマティックな出会いを果たし、そして恋に落ちる。しかし「私たち、どうしてこんなふうになっちゃったんだろう」と多くのカップルが思い返すように、ピーターとバンディの2人も、時間軸を前後しながら歴史を振り返る。
こわれた
このタイトルおかしすぎる・・・。
こわれた恋のなおし方 ではなくて
ただ単に「なんで別れたんだろう?」って思い出すお話・・・。
なおし方なんてえがかれてない…。
もともとそれほど本気で別れる気もなくて迷ってて、
とりあえず別れて
「やっぱりやり直したいわ!」って男が思ったからよりを戻しただけ…。
こわれた恋のなおし方
なんてタイトルおかしいんだ!!!!
こんな感じのタイトルの映画が多すぎるけど
いい加減にしてほしい…。
普通にただのカップルの日常が描かれているだけであった…。
つまらない…。

カーズ2

カーズ2
「カーズ」(2006)の続編。
天才レーシングカーのマックィーンとおんぼろレッカー車メーターのコンビが、ラジエーター・スプリングスを飛び出し、日本をはじめフランス、イタリア、イギリスとワールド・グランプリレースを転戦。その道中でスパイ工作に巻き込まれていく姿を描く…。

カーズを見ていたのでみた。
が、前作の内容を全く忘れてしまっていたので
新しい映画を見る感覚で見た。(汗)
日本でのレースがあるので日本のコースが出てくるんやけど
東京からいきなり京都で笑った。
ドンだけ走るの早いねん!!!!
って思わず突っ込んだ。(笑)
そしてそして、やはり街並みが
やや中国っぽい雰囲気が否めなくて悲しかった…。
なぜ、いつも中国と日本はごちゃ混ぜで描かれてしまうのだろう…。
まぁ、私もアメリカとイギリスとオーストラリアとカナダとかまったく違いがわからんけど…。
でも、まー、さすがぴくさー映画よ!
面白かったよ。
子供にも良いし、大人でも感動できる。
スパイのシーンがなんとなくミッションインポッシブルで変換されたけど…。
全く車は好きではないけど、きっと、車好きさんにはたまらないアニメなんだろう。とは思う。
しかし、車たちの目の描き方がかわいいよね。
今度、時間が合ったら「カーズ」もみようと思う。
確か、カーズも面白かったはず。
車乗れるようになりたい!!!!!!
メーターに乗りたいよ!!!!!

10日間で彼女の心をうばう方法

10日間で彼女の心をうばう方法
親が経営するモーテルで生活するマイクは、お客のスーに一目惚れし滞在中にアタックを仕掛ける。
その甲斐あってなんとか関係を持ったマイクではあったが、スーはどこか冷たい態度。その日限りでお別れをすることに。どうしても諦められないマイクはスーを追って彼女の暮らす街に向かう…。

ジェニファー・アニストン目当てでみた。
「10日で」とあったので10日で口説き落とすのかと思ったらとびとびでの10日だった。
くどき文句なのに「君のお尻は素敵だ。お尻をさわりたい。」
とかマイクがいうんやけど
みてて「あほか?こいつ?」
とあきれたんやけど
かわいそうな子と思ってか「さわる?」っていったスーの優しさには笑った。
完璧なストーカー行為をしまくってるのに
その行為にあきれるもののちゃんと対応してあげてるスーになぜか笑った。
そんなあほな!ってシーンが多いけど
映画としては面白かった。
結局、本当に心を奪えてハッピーエンドで終わった。
この映画どおりにやったら絶対逮捕されちゃうのでしてはいけません。
映画は所詮映画です。
恋愛バイブルではありません!(笑)
でも、こんなにバカ正直にぶつかってこられたら嬉しいよね。
私は嫌いではない。
バカか?こいつは?
と思うけど…。

ジェシカ・アルバの”しあわせの方程式”

ジェシカ・アルバの”しあわせの方程式”
モナ・グレイは数学好きな女の子。父親の心の病をきっかけに殻に閉じこもりな性格になってしまった。
22歳になったモナは母親に家を追い出され、母校の小学校で算数を教えることになる。

ジェシカ・アルバが好きなのでみた。
ジェシカ・アルバに前髪があるよ!地味だよ!セクシーじゃないよ!と
ジェシカ・アルバのかわいさを全力で封印した映画。(笑)
大好きだった父親が心の病になり、
「自分の好きなものを全て諦めるのでパパを治して。」と祈り続けで生きてきて
すっかり暗い変わり者の女の子に成長してしまった…。
ただ、数学だけは捨てることが出来ず、母親の強力もあり数学の教師に。(算数かな?)
そこで出会った、子供たちと向き合うことにより色々成長していくお話…。
パパの奇行で自分のママンとだぶり、どよんと落ち込んだ。(笑)
結構、ショッキング映像というか、なんともいえないシーンが出てきたりもして
落ち込んだ映画だった…。
ただ、ジェシカ・アルバ主演なのでなんとか持ちこたえた。
他の女優さんだったら「みるんじゃなかった…。」と思ってしまう映画…。
ノックをするだび、数字が出てくるシーンはメルヘンでかわいいんやけど
これは、落ち込める映画…。
でも、最後の最後はハッピーエンドでおわってたので
まぁ、良かったんじゃないかと…。

ヒラリー・スワンク ストーカー

ヒラリー・スワンク ストーカー
ブルックリンにある豪華なアパートで一人暮らしを始めた美人女医ジュリエット。
アパートのオーナー・マックスとも仲良くなり、充実した日々が始まる。
一方、彼女はなぜか常に“誰か”からの視線が気になっていた…。

ビバヒルの出世頭、ヒラリー・スワンクがでているのでみてみた。
スティーブ君の彼女だったバツイチ子持ちのママ役が懐かしい…。
映画はタイトル通り、ストーカーのお話。
元カレが自分たちのベッドで浮気をしたのをきっかけに引っ越しをするが
その引っ越し先のオーナーがストーカーというお話。
ただ、見つめるだけのストーカーではなく
部屋に忍び込んで浴槽でオナニー。
薬を注射し、身動きが取れないようにし、
指先をなめたり、あげくの果てにはレイプしたり…。
最悪の糞野郎…。
それで、よりを戻した元カレを嫉妬の末に殺害。
映画ではよくあるお話だとは思う。
しかし、寝ている時に、レイプされて起きて気づかないものなのだろうか?
そこが気になってしまった…。
しっかりとレイプされた描写はなかったから
もしかしたら挿入はしていないのかもしれない…。
でも、寝てる所でズボン脱いで引き寄せてるからレイプされたってことなのかな?
しかし、変態はどこにでもいるよね。
気持ち悪い…。
素直に口説けば良かったのに…。
過去に父親が母親を嫉妬のあまりに殺害したそのトラウマがあって普通に恋が出来ない。という設定なのかもしれないけど…。
映画としては普通だった。
特に怖くもなく、ただただ気持ち悪かった。(笑)
ストーカーというより、ただの変態レイプ魔だった。

阪急電車 片道15分の奇跡

阪急電車 片道15分の奇跡
自分の愛に自信が持てないあなたに贈る…。
片道わずか15分のローカル線(阪急今津線)で起こる、小さいけれどあたたかい奇跡の物語。
宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今津線。
その電車に、さまざまな「愛」に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた…。

中谷美紀が好きなのでみた。
それほど期待してなかったけど、じわーーーっと感動したし
出演人が意外と豪華でびっくりした。
主要人物の他に
凄くちょい役で
玉山鉄二や大杉蓮、相武紗季、安めぐみ…
玉山鉄二なんて、演技がうますぎるのか
最初「えっ?玉山鉄二?こんなにもっさりしてたっけ?そっくりな俳優さん?もっとイケメンじゃなかった?」ってエンドロールみるまで本人だとわからんかった…。
「絹」という漢字が読めないバカな社会人4年目役ででてたんやけど…。
かなりつぼったっ。
しかも、女子高生とおつき合いしてるけど、受験合格するまで手を出さない。という今時珍しい真面目な役。(笑)
女子高生とつき合っている時点で真面目かどうか…という異論は認める。(笑)
イケメンなのにイケメンじゃない役を演じれるって凄いと思う…。
主要人物が8名いて
宮本信子さん演じるおばあちゃんの孫が芦田まなちゃんで…。
かなりお金かかってる映画なんじゃないだろうか?
と下世話な想像をしてしまった。
これは本が先に出ているらしいので
原作を読んでみたくなる映画。
女性が大好きな内容もりだくさん。
8人分のストーリーがあって、つながってはいくんやけど
きゅんきゅんくるシーンが多い。
個人的には
宮本信子さんと中谷美紀のシーン
玉山鉄二と女子高生のラブホテルでのシーン
谷村美月ちゃんと勝地涼くんのクリスマスシーン
宮本信子さんと戸田恵梨香のシーン
宮本信子さんの「泣くのはいい。でも、自分の意志で涙を止めれる女になりなさい。」という名言…。
おばちゃんにはきゅんきゅんくるシーンだらけだった。
しかも阪急今津線が舞台ってなんか上品。
最初は「こんな話しかけてくる人おるか?」と思ったけど
よくよく考えたら、昔は電車に乗ってたら普通に話しかけてくるおっちゃんおばちゃんが結構いて
高校生の頃とかもよく話しかけられてたことを思い出した。
「その鞄かわいいなぁ。」「変わった髪型してるなぁ。」とか…。
もちろん突然のことで困ってしまって、軽く会釈する程度やけど…。
あめちゃんくれる人もおった。(笑)
今は携帯いじってたり、音楽きいてるから話しかけられることはまずないけど
関西ならありえる話しやなぁ。と納得。
個人的には南海電車で一番よく声かけられた。(笑)
いつも、関西弁ガ出てくる映画とかは言葉がすごく気になるけど
関西出身の人は関西弁でそうじゃない人は標準語だったのであんまり違和感はなかった。
戸田恵梨香の彼氏役の人の怒鳴り方のイントネーションだけが気にはなったけど…。
めちゃくちゃ感動する!とかそんなんではないけど
じわじわきて予想していたよりも良かったのでDVDをいつか買いたいとは思う。
大人の女性向き映画だと思う。
おすすめ!
※「生でやったわけ!」とかコンドームが出てくるので
いくら「うちの子は阪急電車好きやから!」って理由でこの映画を見せるにはきまずいかとおもわれます。
小さすぎる子なら意味はわからないので大丈夫かも…。