恋と愛の測り方

恋と愛の測り方
【あらすじ】
ニューヨークで誰もがあこがれる毎日を送っていたジョアンナ(キーラ・ナイトレー)とマイケルの夫婦だったが、ジョアンナはふとしたきっかけで夫が同僚のローラ(エバ・メンデス)とひかれあっていることに気づいてしまう。
マイケルとローラが泊りがけの出張に出かけた日、ジョアンナのもとに昔の恋人アレックスが訪ねてきて…。

エバ・メンデスがとっても色っぽいのと
キーラ・ナイトレーが美しい。
という映画。
不倫しまくり、何じゃそれ!って感じ。
勝手にどうぞ。
と言うような内容。
既婚者さんなら感動する場面とかがありそうなのかもしれないが
まったくピンとこなかった。
ただ、エバ・メンデスがいろっぽい。
どの映画をみてもエバ・メンデスは色っぽい。
と感じる。
既婚者の方で「不倫にあこがれる人」におすすめなのかな?
いまいち、どこを対象に描いた話なのかがよくわからなかった。
ただ、エバ・メンデスはいろっぽいよ。(笑)

ジャックとジル

ジャックとジル
【あらすじ】
アダム・サンドラーが双子の兄妹を1人2役で演じたコメディ。
妻子に恵まれ広告代理店のビジネスマンとしても大成功したジャックにとって、
悩みの種は双子の妹でいつもお騒がせなトラブルメーカーのジルの存在だった…。

アダム・サンドラーは女装しても綺麗。(笑)
映画をみていてたしかにジルはうざかった。
吹き替えで見たけど「山ちゃん(山寺宏一)すげぇ!!!!」と感心しきり。
アダム・サンドラーもすごいんやけど。(笑)
いくつになっても少年のようでかっこいい。
何も考えずに、笑える映画なので
おすすめ。
若干、下品なシーンもあるけれど…。
アダム・サンドラーの映画に慣れてたら大丈夫!

アフロ田中

アフロ田中
【あらすじ】
彼女いない歴24年(=年齢)のアフロヘアの青年・田中広が彼女を作ろうと奮闘する姿を、松田翔太の主演で描くラブコメディ。

これは予告だけで笑う。
辺見えみりのかあちゃん役最高!

結構、エッチなシーンが出てくるので
子供のいる前では見れないけど、おすすめ!
だめそうに見えて、田中はちゃんと働いてるしえらいと思う。(笑)

Black&White/ブラック&ホワイト

Black&White/ブラック&ホワイト
【あらすじ】
CIAエージェントのFDRとタックは、美女ローレンと出会う。
二人はローレンを好きになり、彼女がどちらを選ぶかをかけて、CIAのハイテク技術を濫用したなんでもありのバトルを繰り広げる。

これはおもしろかったーーーーー!
アクションつきのラブコメって感じ。(笑)
こんなイケメンでCIAの二人に言い寄られるとか裏山過ぎるお話。
これは笑えるのでかなりおすすめ。
「言うことはない。とりあえず、見て。」
って感じ。
まじでうらやましぃ。

ヒミズ

ヒミズ
15歳の少年、住田祐一は実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした人たちと平凡な日常を送っていた。
住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで猛アタックをかけるが…。

ずっと予告を見て「みたい」と思って、やっと見れた。
面白かったというか、なんというか…。
茶沢さん役の二階堂ふみが強烈過ぎて好きになった。(笑)
怒ると石を空にかざし、ポケットにしまう。という技。(笑)
結構、本気で殴り合ってるシーンが多くて多くて…。
気持ち悪くなる人もいるかも…。
漫画のほうではラスト、住田くんは自殺するらしいが
映画はしなかった…。
自殺してくれたほうが鬱になれるので
自殺した映画バージョンもありだと思うが
「震災後ということで・・・・」と監督が色々話していた。
東日本大震災が起こった後の場面も出てくるし
すごく辛いお話なので
あんまりお勧めできないが、私は面白かった。
「そうよね。どうしようもない家族をもったら死ぬしかないよね。」って感じの映画。
漫画のほうも読んでみたい。
稲中の人が書いてるとか…。
みたすぎる。(笑)

私だけのハッピー・エンディング

私だけのハッピー・エンディング
【あらすじ】
ガンに侵された女性と主治医の恋を描いたラブストーリー。
仕事も順調で楽しい仲間に囲まれ、恋にも積極的な30歳のマーリーは、
ある日突然、ガンで余命半年を宣告される。

「死ぬ前に3つの願いがかなう」と…。
ウーピー・ゴールドバーグがでてきた。
あれは神様?死神?
ちょっとつぼった。(笑)
死ぬ最後の最後で「愛する人を見つける。」というベタなお話だが
長生きしていても「愛せる人」を見つけるのは大変な世の中なので
うらやましいことこの上ない。(笑)
ケイト・ハドソンのお友達がケイトのために
サプライズでストリッパー?を派遣させるシーンで
友達を驚かせるために
二人で喘ぎまくってたのも面白かった。
余命、数ヶ月の役なので
すっぴんで出てくるシーンがかなりあったけど
「ザ・女優」って感じですばらしかった。
泣きたいときにお勧めの映画。

スイッチを押すとき

スイッチを押すとき
【あらすじ】
2026年、多発する自殺の原因を探るという国家プロジェクトが開始される。
自殺装置のスイッチを持たされた10歳の子どもたちが監禁され、自殺に至るまでの過程が観察されていた。
多くの子どもがすぐにスイッチを押して命を絶っていくなか、7年間生き続けた6人の行方は…。

久々の邦画。
ストーリーを読んで「なんて面白そうなんだ!」と思ってみてみた。(笑)
ちなみに「リアル鬼ごっこ」はまだ見ていない。
小出恵介のきな臭さが目だって面白かった。
途中で大どんでん返しというか
なんというか…。
ストーリー自体がもともとめちゃくちゃなので「そんなあほな!」と言う場面が結構あるが
時間がある時に見るには楽しいかもしれない。
かといって笑える話でもないけど…。
こんな世界が将来、来ないことを願うばかり。
でも、老いてきたらこのボタンほしいかも…。

バッド・ティーチャー

バッド・ティーチャー
【あらすじ】
熱意ゼロ、玉の輿にのることばかり考えている女性教師が、
裕福な男性をつかまえようと奮闘するコメディ。
お金も夢も熱意もないアラサーの中学教師のエリザベスが、玉の輿こそが女の幸せと信じ、結婚相手を探すお話。

これは面白かった。
元彼のジャスティン・ティンバーレイクとの共演。(笑)
キャメロン・ディアスの悪い先生役が似合いすぎてて笑った。
すっごい礼儀もなっていない、最悪な先生なのに
生徒に何か言う時、すごく的を得ていて
「もしかして、こんな先生のほうが生徒にとってはいいんじゃないの?」と思えるほど。(笑)
キャメロン・ディアスは可愛いちょっとお馬鹿な役より悪女が似合う。
お勧め。(笑)

TIME

TIME
【あらすじ】
科学技術が進歩し、老化現象を解決した近未来、
25歳で成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されている。
お金持ちは寿命を気にしなくていい一方、貧乏な人たちは寿命を延ばすために
あくせく働き続けなければならなかった。

こちらはずっと見たかったので「やっとみれた!」って感じ。(笑)
目が悪いので吹き替えで見たのですが、
この映画は「字幕」で見ることをお勧めする。(笑)
ずーーーっと アマンダ・セイフライドのしゃべり方が気になって気になって…。
映画は面白いのに アマンダ・セイフライドが
「○○だったわっ。」という度に「わっ」でこけそうになる。(笑)
あまりにも、気になりすぎたので
声優さんを検索してみたらAKBのマリコ様であった…。(笑)
仕方がない。(笑)
貧しい青年役のジャスティン・ティンバーレイクが、ある日、お金持ちに時間を大量にもらう。
いつもそのひぐらしなのに、友達に時間を分け与えたことで
友達が早死にしたり、
大量に時間を持っていることで、殺人容疑をかけられたり、
結構、お話としては面白かった。
が、
「絶対、自分なら1年後(26)で死んでしまうな。」と憂鬱になれる映画。
最後はハッピーエンドなのでお勧め。
字幕でぜひ。(笑)

ヤング≒アダルト

ヤング≒アダルト
【あらすじ】
仕事も恋愛もうまくいかない30代の女性が、
妻子のいる元恋人と復縁しようと大騒動を繰り広げるお話。

これはシャーリーズ・セロンがやみすぎてて面白かった。
というか笑えないくらい、リアル。(笑)
というか、自分を見ているよう。(笑)
笑えない…。
ちょっと、つらくてもらい泣きできる感じ。
独身女性で何もかもうまくいっていない人にお勧め?
独身女性で何もかもうまくいっていない人みたら
病むかも。(笑)
病みたい人にお勧め。(笑)