Ray

Ray
2004年6月11日に亡くなった“ソウルの神様”と呼ばれたレイ・チャールズが音楽で成功を収めるまでの心の葛藤を真実に基づいて描いた人間ドラマ。

レイ・チャールズのことはそんなに詳しく知らないけど
ネットで「Rayは泣ける」と書いていたので見てみた。
おじさんなレイ・チャールズしかしらないので
ドラッグと女におぼれていたというのが不思議な感じ。
回想シーンで
木に瓶がつるされているシーンがすごく綺麗で目に焼きついた。
あれは何の意味があるのだろぅか?
「天才って本当にいるんやなぁ。」ってしみじみ感じた。
泣かなかったけど
クインシー・ジョーンズと昔から知り合い。
っていうのになぜか感動した。(笑)

ジェイミー・フォックスとレイ・チャールズは似ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です